カードローンで即日融資可能な人とNGな人の違い

カードローンの中には、「即日融資」を行なうところが多くみられます。消費者金融の大手はいずれもそうですし、最近は銀行カードローンでも対応するところが増えてきました。

今日中にお金が必要な人にとっては、大変ありがたいサービスですが、実際は即時融資を受けられない人もいます。単に申し込む時間が遅くて、即日審査に間に合わない場合もあれば、何らかの理由で審査に時間がかかってしまうなど、事情は人によりさまざまです。

カードローンで即日融資可能な人と、NGな人の違いについて、詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

カードローンの即日融資を受けられない、よくある理由とは?

切羽詰まった状況にある人にとっては、特にありがたいカードローンの即日融資ですが、中には希望してもそれが叶わない人もいます。

考えられる理由は、主に以下のようなものです。

申し込む時間が遅すぎた

カードローンで即日融資を受けるためには、まず即日審査を受ける必要があります。

審査には、大きく分けて属性審査と信用情報調査がありますが、信用情報調査のほうは信用情報機関というところに問い合わせして行なうため、タイムリミットがある点に注意が必要です。

信用情報機関のデータベースを参照できるのは、基本的に21時までですので、多くの銀行や消費者金融では、審査回答時間を21時までに設定しています。それまでに間に合わなかった場合、残念ながら審査回答は翌日以降となってしまうのです。

また、振り込みで即日融資を希望する場合は、特に早めの申し込みが必要になります。多くの銀行の営業時間は15時までですので、余裕をもって14時~14時半までには振り込み手続きをしないと、振り込みの反映が翌営業日にずれ込んでしまうことがあるからです。

特に申し込みが殺到する時期は、審査に時間がかかりますから、確実に即日融資を希望する場合は、なるべく午前中に申し込みを済ませておくようにしましょう。

必要な書類をそろえられなかった

審査をスムーズに終えるには、必要な書類をすべて手元に用意しておく必要があります。

カードローンの申し込みでは、運転免許証やパスポートなどの身分証明書が必須ですが、融資の希望額によっては収入証明書も必要になります。源泉徴収票や、給与明細などです。

多くの銀行や消費者金融では、スマホのアプリやFax、もしくは自動契約機から書類を送信できるようになっていますので、時間はかかりませんが、そもそも書類を当日中に用意できない場合は、即日融資が不可能となります。

在籍確認ができなかった

カードローンの審査では、申告した勤務先に担当者が電話をかけ、実際に本人が在籍しているかどうかを確認する「在籍確認」が行なわれます。

勤務状況は、数ある審査項目の中でも特に重要度が高いため、在籍確認は必須の審査です。

ですから、何らかの事情で在籍確認がスムーズにできなかった場合、即日融資が間に合わない可能性があります。たとえば職場が休みの日だったり、電話に出た社員がうまく受け答えてくれなかったりした場合です。

本人が電話口に出られれば一番早いのですが、それができない場合、なるべくなら事前に事務の人などに「クレジットカードの審査の電話がかかってくるから、よろしく」というふうに一言伝えておくと、在籍確認がスムーズに完了します。

カードローンの担当者は、個人名で電話をかけますので、カードローンの審査だということが同僚にバレることはありません。

自動契約機が近くにない

即日融資を受ける方法としては、口座への振り込みと、自動契約機でのカード発行の2つに大きく分かれます。

口座への振り込みに対応しているのは、消費者金融と、一部の銀行です。営業時間内にすべての手続きが終われば、すぐに振り込みをしてくれますので、非常に便利なサービスといえます。

しかし、振り込みでの融資を行なっていない銀行や、もしくは銀行の営業時間を過ぎてしまった場合、その日のうちに現金を受け取るためには、自動契約機を利用する必要があります。

アコムの「むじんくん」をはじめ、消費者金融では全国各地にカードローンの無人契約機をたくさん設置していますし、銀行カードローンの場合も、銀行の本店や支店に、夜まで営業しているローン契約機があるところがほとんどです。

契約機の営業時間内にすべての手続きを終わらせ、カードを発行できれば、そのカードを使ってコンビニのATMなどからも現金を引き出すことができます。

ただし、近くに自動契約機がないエリアに住んでいる人の場合は、カードの即日発行が難しくなるため、その点も合わせて事前に確認することが大切です。

銀行口座を持っていない(銀行カードローンの場合)

銀行カードローンの中には、その銀行の口座を持っている人に対してのみ、即日融資を行なうところもあります。

たとえば「みずほ銀行カードローン」や「セブン銀行カードローン」などは、既に口座を開いている人のみ、即日融資が可能です。

口座を持っていない人は、申し込みと同時に口座の開設手続きをし、キャッシュカードが郵送で手元に届いてからようやく借入可能となりますので、即日融資とは程遠くなってしまいます。

銀行カードローンで、口座の有無にかかわらず即日融資に対応しているところとしては、「新生銀行カードローン(レイク)」などがあります。今日中の融資を希望する人は、そういったところを探すようにしましょう。

このように、即日融資を受けられるかどうかにはさまざまな条件が関わってきます。

いずれにしても、申し込みが混雑して審査に時間のかかる日もありますので、「絶対に即日融資が必要!」という人は、なるべく早い時間にオンラインで申し込みをした上で、フリーダイヤルに電話をかける、という流れがおすすめです。

もちろん必要な書類は、すべてあらかじめ用意しておきましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド