カードローンの審査で嘘はつきとおせるのか?バレる?

「カードローンの審査になんとしても通りたい!」という場合、申し込みの際に少しだけ嘘をつきたくなる人もいるかもしれません。

名前や年齢、勤務先などはさすがに正直に申告する人が多いと思いますが、「今の職場に勤めてまだ日が浅いから、勤続年数を少しだけ水増ししたい」「年収をちょっとだけ盛ろうかな」と考える人は、少なくないでしょう。

しかし結論からいえば、カードローンの申し込みの際に一つでも嘘の情報を書くことは、絶対におすすめできません。

カードローンの審査では、意外と多くの情報が明らかになりますし、その時はバレなかったとしても、あとでバレた時に契約違反に問われることがあるからです。

カードローンの審査で嘘をつき通せるのか、ということについて詳しく解説していきましょう。

\すぐに借りるなら/

カードローンの審査で、思わず嘘をつきたくなる項目とは?

カードローンを利用するためには、当然ながら審査にパスしなくてはいけません。特に今すぐお金が必要な場合、「何がなんでも審査に通りたい!」と思うのは当然のことでしょう。

そこで、少しでも審査に通りやすくするために、嘘の内容で申し込むことを考えてしまう人もいるかもしれません。特に、多くの人が嘘をつきたくなるのは以下のような項目です。

  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 他社からの借入状況

カードローンの審査で特に重視されるのは、返済能力に直結する要素、つまり年収や勤務状況などです。また、現時点で他にどれぐらい借金があるのかも、シビアに関係してきます。

そのため、特に上記のような項目を「少しだけ盛りたい」と思う人が多いのです。

カードローンの審査で嘘はバレるのか?各項目を検証!

それでは、実際にこれらの項目で嘘の内容を申告した場合、申し込み先にバレる可能性はあるのでしょうか?一つひとつ検証していきましょう。

年収

年収は、高ければ高いほどカードローンの審査には有利ですから、どうしても上乗せしたくなってしまう項目です。

結論からいいますと、実は年収がバレるケースは限られています。それは、収入証明書の提出を求められた場合です。

一般的には、消費者金融なら50万円以上の融資を希望する場合、もしくは他社からの借入がある場合に提出を求められます。

一方、銀行はそれぞれ基準が異なりますが、200~300万円ぐらいまでなら、収入証明書が不要のところが多くみられます。

つまり、収入証明書の提出が要らない程度の金額で申し込む場合、銀行やローン会社側には正確な年収は分からない、ということです。

ただし、業者側はこれまでカードローンの審査を幾年にもわたって行なってきた、「審査のプロ」ですので、年齢や職種などから、おおよその年収の見当はつけられます。

それがあまりにも平均値とかけ離れている場合は、怪しまれて、本来なら必要のない収入証明書の提出を求められてしまうこともあります。

確かに年収は、高いに越したことはありませんが、カードローンの審査では「安定した継続的な収入がある」ほうが良しとされます。

いずれにせよ、収入証明書の必要ない程度の金額であれば、正直に年収を申告しても審査に通る可能性は十分ありますので、「盛らない」ようにしましょう。

雇用形態

カードローンの審査では、パートやアルバイトよりも、正社員のほうがスコアは高くなります。

そのため、「どうせ同じ勤務先なのだから、本当はバイトでも正社員と偽ったところでバレないのでは?」と考える人もいるかもしれません。

確かに、在籍確認の電話では「在籍しているかどうか」を確認するだけで、「○○さんは正社員でいらっしゃいますか?」などと尋ねられることは、まずありません。

しかし、たまたま電話に出た人の受け答え方で、不幸にもバレてしまう可能性がないとは言い切れませんし、申告した年収との釣り合いがとれていない場合も怪しまれてしまいます。

また、申し込みの際に健康保険証の種類の記載があった場合、正社員なら社会保険であるはずが、国保と記入してしまうことで嘘がバレることもあります。

このように怪しい点があると、社員証などの提出を求められる可能性もあるため、正直に申告するのが一番でしょう。

勤続年数

カードローンの審査で、意外と重視されるのが勤続年数です。同じ職場に長く勤めていればいるほど、今後も仕事をやめる可能性が低いとみなされますので、審査には有利になります。

「いつから勤めているのかなんて、分かりっこないんだから、嘘をついても問題ないのでは?」と思われるかもしれませんが、残念ながらバレる危険性はあります。まずは、収入証明書を提出する場合です。

特に源泉徴収票の場合、その年度の収入が一覧になっていますので、途中で入社した場合はすぐに分かってしまいます。

また、社会保険の保険証を本人確認書類として提出した場合も、保険証の交付された年月日が記載されているため、そこからバレてしまうこともあるのです。

さらに、信用情報調査でも勤務先の変遷が分かります。

以前にカードローンやクレジットカードなどを利用した時の記録を参照すると、当時の勤務先も一緒に出てくるからです。やはり、これも嘘はつかないほうが身のためでしょう。

他社からの借入状況

既にほかのカードローンを利用していて、まだ完済していない場合、審査のハードルは高くなります。しかし、この項目に関しては信用情報調査ですぐにバレてしまいますので、嘘をつく意味はまったくありません。

信用情報機関に照会をかければ、申し込み者の金融取引の情報が出てきます。

他社のカードローンについてはもちろん、クレジットカードのショッピングの支払い状況や、住宅ローンの有無、さらには携帯電話の機種代の分割払いの状況まで明らかになります。

どうせバレるのですから、最初から嘘をつかないようにしましょう。

カードローンの申し込みで嘘をつくのは、ハイリスク!

カードローンは、「信用が第一」です。ユーザーを信用するからこそ、銀行や会社はお金を貸し出すことができます。

そのため、たとえ些細な嘘でも一つバレてしまえば、そのカードローンの審査に通るのはほぼ不可能となってしまうのです。

場合によっては、嘘がバレることなくカードローンの審査にパスできることもありますが、もしも後でバレてしまった場合、契約違反として残りの負債を一括で返済するよう求められることもあります。

このようなリスクを考えると、カードローンの申し込みで嘘をつくことはかなり危険だということがわかるはずです。

最近はカードローンの種類も豊富になっていますから、年収が低い人や、パートやアルバイトとして勤めている人でも、審査に通れる可能性はあります。

銀行や業者としては、年収の低い人には、収入に応じた額を融資すれば問題ないわけですから、むやみに嘘をつくよりも、最初から自分の属性に合ったカードローンを厳選して申し込めばいいのです。

一度失った信用はなかなか取り戻せませんので、カードローンの申し込みでは正直に申告するようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド