銀行カードローンのキャッシュカード一体型とローン専用カード型の違い

銀行カードローンのカードには、大きく分けて「キャッシュカード一体型」と「ローン専用カード型」の2種類があります。

最近は、カード自体を発行しない「カードレス型」も増えていますが、現在のところ多くの銀行ではどちらかのカードを利用することになっているはずです。

キャッシュカード一体型は、その名の通り銀行のキャッシュカードにローン機能が合わさったもので、1枚のカードで2つの機能を有します。

一方、ローン専用カードはカードローンの借り入れや返済にしか使えない専用のカードです。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分に合ったほうを選ぶようにしましょう。

\すぐに借りるなら/

キャッシュカード一体型のメリットとデメリット

キャッシュカード一体型は、銀行の普通預金口座のキャッシュカードとローンカードが1つになったものです。つまり、1枚のカードだけで普通預金口座とカードローン口座のどちらも利用することができます。

消費者金融や信販会社などのカードローンにはない、銀行カードローンならではのカードタイプといえるでしょう。

キャッシュカード一体型のカードには、以下のようなメリットがあります。

カードの管理がラク!

カード類は何かと増えがちですので、キャッシュカードとローンカードを1枚にできるならそのほうが管理は断然ラクになります。

もちろん、紛失や盗難のリスクも減りますのでセキュリティの面でも安心です。

すでに持っているキャッシュカードで、カードローンを利用できる!

その銀行のキャッシュカードをすでに持っている人であれば、審査に通った時点で手持ちのキャッシュカードを使ってカードローンを利用できることもあります。

このスタイルを採用している銀行としては、みずほ銀行やりそな銀行などが代表的です。

また、普通預金口座を開設している時点で本人確認が済んでいるため、最低限の項目でスピーディに審査ができるメリットもあります。

自宅にカードが郵送されないため、家族にバレずに利用できる!

手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる場合は、ローン専用カードが自宅に郵送されませんので、家族に知られずにカードローンを利用できます。

もしくは、新たにキャッシュカード一体型のカードを発行する場合でも、銀行名義でキャッシュカードが送られてくるだけですので怪しまれることはありませんし、もしカードを見られたとしてもローン機能が搭載されていることがバレることはありません。

一方、キャッシュカード一体型のデメリットとしては「その銀行の口座を開設する必要がある」という点が挙げられます。

すでにその銀行の口座を開設済みであれば非常に便利なのですが、未開設の場合は口座開設の手続きとカードローンの申し込みを同時に行なわなければいけないため、融資を受けられるまでに日数がかかってしまうこともあります。

ローン専用カード型のメリットとデメリット

ローン専用カードとは、カードローンの借り入れや返済のみができる専用のカードです。銀行によっては、普通預金口座を開設せずにカードローンだけを利用できるものもあります。

このようなローン専用カード型には、以下のようなメリットがあります。

自動契約機からカードを発行できる場合もある!

一部の銀行では、全国各地にある自動契約機からローン専用カードを発行できるシステムを整えているところもあります。

たとえば、三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)、新生銀行カードローン(レイク)などが代表的です。

これらの銀行カードローンでは、自動契約機の営業時間内に間に合えば最短でカード発行ができますので、キャッシュカード一体型にひけをとらない早さで融資を受けられます。

銀行カードローンの選択肢が広がる!(口座不要の場合)

キャッシュカード一体型の銀行カードローンは、当然ながらその銀行の普通預金口座を開設しなければ利用することはできませんが、ローン専用カードを発行するタイプの銀行カードローンは、その銀行の口座がなくても申し込めるものがあります。

そのような口座不要の銀行カードローンであれば、自分がキャッシュカードを持っていない銀行でも気軽に申し込むことが可能です。

一方、ローン専用カード型のデメリットとしては、「複数のカードを持たなくてはいけない可能性がある」ということと、「ローン専用カードが郵送で送られてくる場合がある」ということが挙げられます。

とはいえ、ローン専用カードは本人限定受取郵便として送られてくることがほとんどですので、家族が代わりに受け取ることはできません。

しかし、カードを自宅に郵送されたくない方は、手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられるキャッシュカード一体型を選ぶか、もしくは上記でご紹介したような自動契約機でローンカードを発行できるタイプのものを選ぶことをおすすめします。

カードのタイプ別・銀行カードローン一覧

実際にどのような銀行がどちらのタイプのカードを発行しているのか、全国的に有名な銀行を中心にご紹介します。

キャッシュカード一体型のみの銀行カードローン

銀行名 商品名 金利(年) 最高融資額
りそな銀行 りそなクイックカードローン 9.0%~12.475% 200万円
りそなプレミアムカードローン 3.5%~12.475% 800万円
池田泉州銀行 キャッシュカード一体型カードローン 14.5% 300万円

キャッシュカード一体型のみを発行する銀行カードローンとしては、りそな銀行が有名です。審査に通って契約が済んだ時点で、りそな銀行の普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能が加わります。

口座がない状態でもカードローンの申し込みはできますが、契約までには開設の手続きが必要です。

ローン専用カードのみの銀行カードローン

銀行名 商品名 金利(年) 最高融資額 口座
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6% 500万円 不要
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円 不要
新生銀行 レイク 4.5%~18.0% 500万円 不要
楽天銀行 楽天スーパーカードローン 1.9%~14.5% 800万円 不要
イオン銀行 カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円 不要

上記は、キャッシュカード一体型に対応していない銀行カードローンです。

三菱東京UFJ銀行と新生銀行のみ自動契約機でのカード発行が可能ですが、それ以外はすべてローン専用カードが自宅に郵送されます。

また、上記でご紹介したカードローンはすべて口座開設不要です。

どちらも選択可能なカードローン

銀行名 商品名 金利(年) 最高融資額
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
みずほ銀行 エグゼクティブプラン 3.0%~7.0% 1,000万円
コンフォートプラン 3.5%~14.0%

キャッシュカード一体型とローン専用カードのどちらも利用できるカードローンとしては、上記2行が有名です。

三井住友銀行でもみずほ銀行でも、普通預金口座を開設済みであればローン専用カードを発行するかどうかを自由に選択できます。

一般的には、手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えたほうがすぐにカードローンの利用を開始できるため便利です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド