女性専用!レディースカードローンと一般的なカードローンの違い

カードローンの中には、女性だけを対象とした「レディースカードローン」もあります。

金利や利用限度額は、通常のカードローンと変わらないものがほとんどですが、女性オペレーターが対応してくれる専用ダイヤルがあるなど、女性が安心して申し込めるような配慮がされています。

また、パート・アルバイト・契約社員・主婦などの申し込みをOKとしているところが多いのも特徴です。

ここでは、代表的なレディースカードローンの一覧と、一般的なカードローンとの違いについてご紹介します。

\すぐに借りるなら/

レディースカードローン一覧

女性専用ローンは、中小の消費者金融も含めると数多くありますが、特に有名なところをいくつかピックアップしてみました。

会社名(商品名) 利用限度額 金利 特徴
プロミス
「レディースキャッシング」
500万円 4.5%~17.8%
  • 女性専用ダイヤルあり
  • 主婦・学生・パート・アルバイトの方の申し込みOK
  • 30日間無利息サービスあり
アイフル
「SuLaLi」
10万円 18.0%
  • 女性専用ダイヤル完備
  • おしゃれなカードデザイン
  • 30日間無利息サービスあり
  • 連絡は原則SMSで可能
レディースフタバ 50万円 14.959%~17.950%
  • 主婦・パート・アルバイトOK
  • 30日間無利息サービスあり
  • 即日振込融資可能
新生銀行
「レディースレイク」
500万円 4.5%~18.0%
  • 主婦・パート・アルバイトOK
  • 女性オペレーターが対応
  • 選べる2つの無利息サービス
みずほ銀行
「みずほMyWing『わたし応援ローン』」
200万円 9.0%~14.0%
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用可能
  • 口座の残高不足を補うオートチャージ機能つき
  • 利用残高に応じた抽選のプレゼントあり

レディースカードローンの特徴

さまざまなレディースカードローンがありますが、全体的な特徴としては以下のようなものが挙げられます。

女性オペレーターが対応!

レディースカードローンの多くは、女性オペレーターが対応する女性専用ダイヤルを用意しています。

特に初めてカードローンに申し込む女性の場合、不安が大きいものですが、女性オペレーターが親切に対応してくれますので安心して相談することができます。

パート・アルバイトの人でも借りやすい!

女性専用のカードローンは、申し込み条件がそれほど厳しくありません。

契約社員や派遣社員はもちろん、主婦でもパートやアルバイトをしていれば申し込めるところがほとんどです。

ただし専業主婦に関しては、銀行カードローンではOKのところが多い一方、総量規制の対象となる消費者金融では難しい傾向がみられます。

女性ならではのサービスを行なっているところも!

レディースカードローンの多くは、商品内容自体は通常のカードローンとあまり変わりないところが多いのですが、アイフルの「SuLaLi」のように、女性専用ならではのサービスを行なっているところもあります。

たとえば「SuLaLi」は、利用限度額が最高10万円までと非常に少なめです。日常生活の中で、ちょっとしたピンチの時にちょくちょく借りたり返したり、といった使い方ができるようになっています。

また、カードフェイスも女性らしくかわいいデザインになっていますし、万が一返済が遅れた場合でも、連絡のやりとりは原則としてSMS(ショートメッセージ)で行なう点も女性にとって安心です。

その他、みずほ銀行の「わたし応援ローン」のように、プレゼント企画を用意しているところもあります。

専業主婦はレディースカードローンで借りられるとは限らない!

レディースカードローンと聞くと、専業主婦でも申し込みやすいイメージがありますが、実際は銀行と消費者金融とで対応が大きく異なります。

消費者金融では、専業主婦の申し込みは基本的にNG!

プロミスやアイフルなどの消費者金融のカードローンは、原則として本人に収入があることが申し込み条件となっています。

ひと昔前は専業主婦でもわりと簡単に申し込めたのですが、法律が改正されて「総量規制」というルールが始まり、銀行以外の貸金業者からの借り入れは、年収の3分の1までに制限されるようになったのです。

そのため、そもそも本人に収入のない専業主婦は申し込めなくなってしまいました。

実際、プロミスのレディースキャッシングの公式サイトには「主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込可能です」と記載がありますので、専業主婦は申し込めないことがわかります。

同じく、アイフルのSuLaLiでも「他社のお借入がない方。満20歳以上の定期的な収入と

返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」と規定されており、専業主婦は対象外となっています。

ただし、例外的に専業主婦への融資を行なう消費者金融も一部あります。たとえば上でご紹介した中では、レディースフタバが「配偶者貸付」という特例措置で専業主婦への融資に対応しています。

配偶者貸付とは、配偶者の年収も合算できる制度のことです。本人に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば、その金額の3分の1までの貸付なら受けることができます。

ただし配偶者貸付を利用する場合は、婚姻関係があることの証明(戸籍謄本)や、配偶者の同意書が必要ですので、夫バレせずに借りることは基本的に不可能です。

銀行カードローンなら、専業主婦への融資もOK!

一方、銀行は総量規制の影響を受けませんので、専業主婦の申し込みをOKとしているところが多くみられます。

たとえば、上でご紹介した新生銀行とみずほ銀行は、いずれも専業主婦の申し込みが可能です。ただし専業主婦の場合、利用限度額が低めに抑えられる可能性が高くなります。

実際、みずほ銀行の「わたし応援ローン」では「ご本人さまに収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は、ご利用限度額30万円を上限にお申し込みいただけます」との記載があります。

ちなみに銀行カードローンの場合、原則として配偶者の同意書は必要ありませんし、夫の勤め先に在籍確認の電話がいくことも基本的にはありません。あくまで、申し込んだ本人の情報だけで審査を行ないます。

カードローンの申し込みを考えている女性の方は、金利や利用限度額、申し込み条件などを比較の上、もっとも自分に合ったところに申し込んでみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド