ノンバンクって何?銀行カードローンとの違い

ノンバンクとは、ひと言でいうと「銀行(信金やろうきん含む)以外の貸金業者」のことです。業務内容としては、銀行のように預金を受け入れず、貸付だけを行ないます。

たとえば消費者金融やクレジットカード会社、信販会社、リース会社などが代表的なノンバンクです。いずれも預金は受け付けていませんが、顧客にお金や機械設備などを貸し出しています。

カードローンには、大きく分けて銀行カードローンとノンバンクの2種類があり、どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあります。

ここでは、ノンバンクが銀行カードローンとどのような点で違うのかについて、詳しくご紹介したいと思います!

\すぐに借りるなら/

ノンバンクって何?銀行とどこが違うの?

ノンバンク(Non-bank)とは、その名の通り「非銀行系」の会社です。具体的には預金の受け入れや為替などの業務を取り扱わず、銀行から調達した資金を使って与信業務を行なう会社のことを指します。

ノンバンクには、たとえば以下のような会社があります。

  • 消費者金融会社
  • クレジットカード会社
  • 信販会社
  • 事業者金融会社
  • リース会社
  • 不動産金融会社

それぞれ取り扱う業務に多少の違いはありますが、いずれも預金は受け入れておらず、顧客への融資を専門に行なう会社という点で共通しています。

ノンバンクと銀行で決定的に異なるのは、銀行は免許制であるのに対し、ノンバンクは登録制であるという点です。

銀行も厳密には株式会社なのですが、開業するためには「銀行法」という法律にもとづいて、営業のための免許を取得する必要があります。

一方、ノンバンクは「貸金業法」という法律にもとづき、自治体もしくは国の認可を受けて開業します。

銀行もノンバンクも、好き勝手に開業できないという点では同じなのですが、ノンバンクは資金さえあれば比較的自由に開業できる点が特徴です。

また資金面では、やはり預金を受け入れている銀行のほうが豊富であり、経営的な体力が強いといえます。ですから、企業への事業性融資などは銀行の得意とするところです。

ただし、個人向けカードローンという事業に関しては、消費者金融のほうが銀行に比べると経営の歴史が長いため、銀行にはないメリットがたくさんあります。

ノンバンクのカードローンのメリット

ノンバンクのカードローンには、銀行カードローンと比べて以下のようなメリットがあります。

融資までのスピードが速い!

消費者金融をはじめとするノンバンクのカードローンでは、審査や融資までのスピードが速い点が大きな魅力です。

たとえば、アコム・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融は、いずれも申し込みから最短30分での審査回答に対応しており、即日融資もOKとなっています。

銀行カードローンも、最近はスピーディな対応のところが増えてはいますが、全体的にみるとまだ消費者金融のほうが上です。特に土日祝日の融資は、銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に強いといえるでしょう。

銀行が個人向けカードローン事業に参入してきたのは比較的最近のことですが、消費者金融は昔から専門に手がけてきたため、審査や融資のノウハウが豊富であることが一つの理由です。

ただし、クレジットカード会社や信販会社などのカードローンでは、審査までにやや日数がかかるところもみられます。

審査に比較的通りやすい!

ノンバンクのカードローンは、銀行カードローンに比べると審査基準が厳しくないところが多いのも特徴です。

もちろん商品にもよりますが、全体的にみるとノンバンクのほうが幅広い層を対象としており、パート・アルバイト・契約社員・派遣社員・個人事業主にも柔軟に融資を行なう傾向がみられます。

ただし専業主婦に関しては、ノンバンクよりも銀行カードローンのほうが融資を受けやすくなっています(後述)。

借り入れと返済の方法が豊富!

ノンバンクのカードローンは、借り入れや返済方法の種類が豊富である点もメリットです。

銀行カードローンでも、最近はさまざまな方法に対応するようになっていますが、たとえば返済方法が、その銀行の普通預金口座からの自動引き落としのみとなっているところも少なくありません。

その点、ノンバンクは銀行ではないため口座を開設する必要がありませんし、返済もATMやインターネットバンキングからできるものがほとんどです。

また借り入れも、銀行カードローンでは振り込み融資を行なうところが意外と少ないのですが、消費者金融ではほとんどが対応しています。

ノンバンクのカードローンのデメリット

一方、ノンバンクにもいくつかのデメリットがあります。

総量規制が適用される!

ノンバンクと銀行の大きな違いが、総量規制の対象になるかどうかという点です。

総量規制とは、「ノンバンクが貸付できる総額は、その人の年収の3分の1まで」というルールのことで、「貸金業法」という法律の中に盛り込まれています。

つまり年収300万円の人の場合、ノンバンクから借りられる額は100万円が上限です。

一方、銀行は「銀行法」という別の法律で運営されているため、総量規制の対象外となっています。

ただし、事業資金やおまとめ・借り換えなどの特殊なローンに関しては、ノンバンクでも例外的に総量規制の対象外となることがあります。

専業主婦の利用が難しい!

一般的に、銀行よりも審査がやさしいといわれるノンバンクですが、専業主婦に限っては銀行のほうが柔軟に融資を行なっています。

これは、上記で説明した総量規制が大きく関係しています。総量規制は、貸付額が年収の3分の1までに制限されるルールですので、そもそも本人に収入がない専業主婦(主夫)は貸付の対象外となってしまうのです。

特例措置として、配偶者の年収も合算できる「配偶者貸付」という制度は用意されていますが、アコム・プロミス・アイフルの大手3社はいずれも対応していません。

ノンバンクで融資を受けるためには、原則としてパートやアルバイトなどで何らかの収入を得る必要があります。

金利が高い!

ノンバンクのカードローンの大きなデメリットが、金利の高さです。

多くの銀行カードローンでは、最高金利が14.0%~15.0%に設定されているのに対し、ノンバンクでは18.0%前後となっています。

信販会社やクレジットカード会社のカードローンの中には、かなり低い金利で利用できるものもありますが、消費者金融は基本的に「最高金利18.0%」が平均値です。

これは、消費者金融のほうが銀行よりも審査に通りやすいことと関係しています。

幅広い層を対象に貸し付けるということは、それだけ貸し倒れのリスクも高まるため、健全な経営を続けるためにどうしても金利を高くせざるを得ないということです。

銀行はノンバンクに比べると資金力が豊富な上、審査もやや厳しくなっていますので、金利を低めに設定しても貸し倒れのリスクが少なく済みます。

借入限度額が少ない

銀行カードローンでは、最高1,000万円もの高額融資に対応するところが少なくありませんが、ノンバンクでは50万円~500万円の間が多くみられます。

とはいえ、アコムやモビットなどは最高800万円までの融資に対応していますし、三井住友カードの「ゴールドローン」も最高700万円となっていますので、結局は商品にもよります。

しかしノンバンクには総量規制があるため、たとえば800万円の融資を受けるには2,400万円以上の年収が必要です。

そう考えると、ある程度まとまった金額を借りたい場合は総量規制の対象外である銀行のほうが便利だといえるでしょう。

ノンバンクのカードローンは、こんな人におすすめ!

上記を踏まえますと、ノンバンクのカードローンは以下のような方に向いています。

  • 融資を急いでいる人
  • 銀行カードローンの審査に通らなかった人(通る自信のない人)
  • 振り込み融資やATMからの返済を希望する人

金利だけでいうなら銀行カードローンのほうがお得な場合が多いのですが、ノンバンクのカードローンにもメリットはありますので、それぞれの事情に応じて最適なほうを選んで申し込みましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド